iPhone/iPad

iPhone/iPadアプリを実機で動かす手順

iOS Developer Program に登録する。

証明書の作成

  • 1./Applications/Utilities/キーチェーンアクセス.app を起動する。
  • 2.環境設定の証明書タブを開き、OCSPとCRLを"切"にする。
  • 3.メニューから「キーチェーンアクセス → 証明書アシスタント → 認証局に証明書を要求...」を選ぶ。
  • 4.メールアドレスにiOS Developer Programに登録したアドレスを入力。 コモンネームにiOS Developer Programに登録した名前(AppleIDではない)を入力。 CAのメールアドレスは空白でOK。
  • 5.ディスクに保存を選択し、適当な場所に保存。 そのさい鍵ペア情報で鍵のサイズ"2048ビット"を選択し、アルゴリズム"RSA"を選択する。
  • 6.CSRファイルが保存される。

証明書の承認要求

  • 1.iOS Developer Program Portal ( http://developer.apple.com/ios/manage/overview/index.action ) にログインし、CertificatesセクションのDevelopmentタブを開き、Add Certificateボタンをクリック。
  • 2.「ファイルを選択ボタン」をクリック、作成したCSRファイルを選択、Submit。

証明書の承認

  • 1.Certificates → Developmentタブにて先ほどSubmitした証明書を確認。
  • 2.ステータスがPending Approvalになっているので、Approveボタンをクリックして承認する。

証明書のダウンロードとインストール

  • 1.Certificates → Developmentタブの"WWDR Intermediate Certificate"リンクを右クリックして、リンク先のファイルをダウンロードする。
  • 2.しばらくしてCertificates->Developmentタブを開くと、Approvalした証明書のステータスがIssuedに変わって、Downloadボタンが表示される。 Downloadボタンをクリックして証明書をダウンロード。
  • 3.ダウンロードした2つの証明書をダブルクリックするとキーチェーンアクセスが立ち上がり、証明書を追加ダイアログが表示されるので、そのままOKをクリック。

デバイスのUUID取得

  • デバイスをMacに接続し、Xcodeを立ち上げる。メニューからウィンドウ/オーガナイザを選択。
  • Identifierフィールドの40文字のテキストをクリッピボードにコピーする。

デバイスを登録

  • 1.iPhone Developer Program PortalのDevicesセクションのManageを開き、Add Deviceボタンをクリック。
  • 2.Device Name(任意)とDevice ID(先ほどの40文字のテキスト)を入力して、Submitボタンをクリック。

AppIDの作成

  • 1.iOS Developer Program PortalのApp IDsセクションのManageを開き、Add IDボタンをクリック。
  • 2.App ID Name(任意)とApp IDを入力し、Submitボタンをクリック。

プロビジョンプロファイルの作成

  • 1.iOS Developer Program PortalのProvisioningセクションのDevelopmentを開き、Add Profileボタンをクリック。
  • 2.Profile Name(任意)を入力し、証明書、App ID、デバイスを選択して、Submitボタンをクリック。

プロビジョンプロファイルのダウンロードとインストール

  • 1.しばらくしてiOS Developer Program PortalのProvisioningセクションのDevelopmentを開くと、ステータスがpendingからactiveに変わる。Downloadボタンをクリックしてダウンロードする。
  • 2.ダウンロードしたプロビジョンプロファイルファイルをダブルクリックするとオーガナイザに登録されます。

アプリケーションのビルドとインストール

  • 1.Xcodeを立ち上げ、プロジェクトを開きます。
  • 2.アクティブSDKを"Device - iPhone OS"を選択します。
  • 3.メニューのプロジェクト/プロジェクト設定を編集を選びます。
  • 4.ビルドパネルのコード署名/コード署名ID/Any iOS Deviceの値を作成したプロファイルにかえます。
  • 5.デバイスをMacに接続し、ビルド&ランを実行するとアプリがデバイスに転送され、実行が開始されます。

トラブル例

実機Install時に「“Command /usr/bin/codesign failed with exit code 1″」エラーが出る

  • 古い証明書情報(iPhone証明書)のデータが残っているので削除する
  • 具体的には「キーチェーンアクセス」で「iphone」で検索して古い物を削除する。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-07 (日) 23:21:20 (2958d)