実験部屋

UDP/IP vs TCP/IP

概要

  • TCPよりUDPの方が早いと一般的には言われているが、実際にはどの程度違うのかを検証。

テスト方法

  • サーバー、クライアントプログラムを作成し、100回通信を行う。
  • 1通信は Socket作成〜流量までを1セットする。
  • PC2台をローカルネットワーク接続し、通信を行う。

プログラム

結果

TCP_CLIENT.exe
   START
   END = 839
UDP_CLIENT.exe
   START
   END = 561
  • UDPの方が1.5倍ほど早いようです。
    これは環境により変わるのでなんとも言えないですが、噂の通りどうやら早いみたいですね。

考察

  • 実際にはパケットロストが発生する為、データが確実に届く必要がある場合はやはり使えないです。
    ただ、ゲームなどのようなリアルタイム処理が要求されるものに利用するのはやはり意味がありそうです。
    ですが、未到達のパケットが発生することや、到達順序が保障されていないことを考えると、使い方をよく検討しないと大変なことになります。
    UDPで来たデータの状態を今の状態と判断する方式が良いようです。
    間違ってもUDPで来たデータの累積を今の状態と判断するとえらいことに・・・


添付ファイル: fileUDP_SERVER.txt 493件 [詳細] fileUDP_CLIENT.txt 496件 [詳細] fileTCP_SERVER.txt 495件 [詳細] fileTCP_CLIENT.txt 490件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-02-26 (月) 02:04:23 (4472d)